キャンディードロップ

借金持ちがコロナ陽性により、日々の返済に四苦八苦

コロナに効く薬は今のところはありません。

そのため、コロナは自分の免疫力で治していくしかありません。

出てくる症状も個人差があるため、出た症状に対して、対処法で治療をしていく、とのことでした。

タルトは最初熱しかなく、解熱剤しかもらいませんでした。

しかも解熱剤は基本飲まない方がいいと医師から説明がありました。

身体が熱を出して免疫力を上げているのに、それを下げる行為が解熱剤だからです。

身体がコロナウイルスと闘っているので、ガマンができるようなら解熱剤は飲まないで下さいね、とのことでした。

忠実に守って、熱が下がるまで、解熱剤は飲まずに過ごしました(笑)

熱は下がりましたが、次は喉の痛みが出てきました。

もらった解熱剤はカロナールで、痛み止めの効果もあり、病院に確認をし、喉の痛み止めとして飲みましたが、全く効きませんでした。

カロナールは緩やかなお薬なので、切羽詰まった痛みには効果が薄かったです。

熱よりも喉の痛みに苦しんでいたタルトは、再度病院に電話し、喉の痛みに特化した薬を処方してもらいました。

その薬はとても効きました!!

良かった~!と思っていたら、次は鼻づまりと咳が出てきました。

鼻づまりもキツク、軽く頭痛も感じるほどでした。また病院に電話をして、薬をもらいました。

咳止めは飲まない方がいい、とのことでしたので、鼻づまりのお薬をもらうことにしました。

そのお薬はアレルギー性鼻炎の薬でした。

アレルギー?と不思議でしたが、その薬も効き、鼻づまりも軽くなり、その後全ての症状が落ち着いていったので、自宅療養は解除されました。

コロナに効く薬はありませんが、対処療法も有効なので、自宅療養やホテル療養の方は病院に電話するなどして、薬をもらってみて下さいね。

保健所を通して電話するよりも直接病院に電話をした方がいいと思います。

保健所の人からすすめられた薬が、医師からするとあまりおすすめではない、ということもあったので…

咳止めはあまり飲まない方がいいということもありますし、個人でドラッグストア等で買うよりも、病院で相談をしてからの方がいいと思いました。

 

☆ランキングに参加しています。

返済応援しているよ!って方はバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金体験談へ
にほんブログ村