キャンディードロップ

借金持ちがコロナ陽性により、日々の返済に四苦八苦

住民税は誤魔化せません

本職の後に清掃のお仕事に行ってきました。

昨日はいつもより遅い時間から出勤したので、帰りが遅くなりました。

ダブルワーク先はとても寛容な職場で、他にも何人かダブルワーク仲間がいます。

借金のことはもちろん言っていませんが、掛け持ちをしているということは生活が苦しいのだろうと、察して下さって、稼ぎたい時はもっとシフトを増やしていいからね、と言って下さっています。

逆に本職が忙しい時は、無理のない範囲で出勤してくれたらいいよ、とも。

コロナにかかった時も凄く心配をしてくれて、毎日連絡を取っていました。

 

とても温かな職場で感謝しています。

ダブルワーク(今はトリプルワーク)は大変ですが、頑張れる職場です。

 

もっと出勤を増やして、お給料をもらいたいのですが、給与所得は増えすぎるとダメなので…

本職のお給料から引かれている住民税が増えて、ダブルワークがバレる可能性が(汗)

 

ご存知の方も多いと思いますが、給与所得に対する住民税はメインの職場のお給料から引かれる特別徴収という制度にほとんどの市町村が切り替わっています。

ネット等では確定申告用紙に「住民税を自分で納付する」というチェック欄があり、そこにチェックをいれたらいいよ、という説明を見ますが、その制度は給与所得では使えません。

 

役所の住民課の方に交渉をすると、副業分の住民税だけ自宅に納付書が届いて、それを納める、という対処をしてくれていた時代もあったようですが、今は難しいです。

 

絶対無いとは言えないので、確認をするのも手かなと思います。

実際にタルトも電話で交渉をしたのですが、ダメでした。

 

タルトは以前税理士事務所で働いており、税理士見習いをしていました。

法人税所得税の申告書も作っていましたし、住民税の処理もしていました。

その経験を元にバレないように副業をしているのですが、給与所得はあまり増やさない方がいいというのがタルトの考えです。

 

今は業界から離れて少し休憩中ですが、また戻ると思いますし、ひっそりと勉強もしています。

 

ちなみに給与所得の住民税は特別徴収が基本のため、特に理由がなければ事務所スタッフは通常の手続きで処理をしていくのですが、事務所によっては自分で住民税を納付する普通徴収で処理をしてくれる先生もいます。

普通徴収で受理がされるかどうは各市町村の判断によりますが、希望という形で申請をすることはできます。

それをしてくれるかどうかは先生次第です。

 

☆ランキングに参加しています。

返済応援しているよ!って方はバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村 


債務・借金ランキング